SDGs : Social-Marketing


社会的課題をチャンスに !

これからの日本を考える

永きに渡る経済最優先社会が齎す国難時代のビジョン&ベクトル




SOCIAL-MARKETING

戦略理念



 世界経済は、科学の進化とIT化により、時間・コスト・流通の効率化が進んでいます。そして日本市場は少子高齢化により消費の絶対数も減少し始めている為、「コスト✖ 数量=GDP」が伸びにくい構造になって来ていると考えます。また 、生活品の充足化が進み一日24時間の消費に新たに追加される新産業は生まれにくく、IT化による商品やサービスの「安く早く」により選択されてはいるものの、結局は新旧の入れ替え需要であり、全体市場(GDP)を押し上げる要因には繋がっていないと感じています。むしろ流通の効率化が労働力をも効率化してしまい更なる消費の落ち込みが懸念されます。新しい発想による市場・産業の創造が求められます。

 

 「ソーシャルマーケティング」という概念による事業企画は、これまでの成長過程や環境変化の中で生まれた社会的課題を克服する事業こそ成長をもたらす!という理念のビジネスモデルです。夢と希望に満ちた未来が約束されている筈の子供達、労働環境の格差に耐えながら自己実現と将来に備える現役世代、そして子や孫の行く末を案じながら自身を犠牲にする高齢者。全世代各々に社会に対する不安が存在しています。社会的課題解消への取り組みは国民的潜在ニーズなのです。しかしこれまで、それは政治行政の役割という認識であった為、民間企業にとって行動に移す積極的思考には至らず、またリスク&リターンの度合が見え無い為モチベーションも生まれて来なかったのです。行政府の課題対応策には財政投入が条件です。つまり社会保障費の構造的膨張が生れます。しかし、官民協働により経済活性化との一石二鳥による「財政経済一体改革」に寄与すれば、GDP増に繋がりかつ財源は本来必要とされるところへ充実配分可能となります。成長戦略と社会保障は両輪です。最小の税で最大の両輪駆動を可能にせしめる政策の構築こそ成長戦略のテーマと考えます。少子高齢化が進むこれからの日本社会。「ソーシャルマーケティング」こそが新たな時代の成長戦略であると考えます。

 

 アゲンストの風でも力の反作用で前進するヨットのメカニズムの如く、社会的リスクが高まる未来に向かうには、環境変化に対応する構造改革という風土のバトンを着実に後世に継ぐ取り組みが求められると確信致します。

 


SOCIAL-MARKETING

改 革




SOCIAL-MARKETING

成 果



 1.市場の進化効率化による内部留保資金⇒社会的課題への取組み(社会的ニーズ)

NEW社会貢献型市場の創造 

2.生活課題解決型消費のルーティーン化⇒安全安心な生活環境へ(国民的ニーズ)

NEWライフスタイルの創造 

これまでの歴史の中で生まれては積もって行く、社会的課題。時間の経過と共に深刻さは増し苦しみの質と量も増して行く。政治行政及び企業の社会的使命とは、国の医者となって、多くの国民が苦しむこの国を治療する事である。

 

就労・労働条件・給与格差、世帯間所得格差、地域間格差、業種別格差、民間行政間格差、老若男女間格差‥等の格差増大社会、貧困層増大問題、治安悪化問題、自然エネルギー化遅延問題、エコ・省エネ問題、環境保全問題、政治と金問題‥等の過去から顕在化している放置された社会的課題、自殺者増加要因未対策社会、いじめ虐待による子供の自殺放置社会、高齢者孤立・孤独死社会、IT化によるモラルやフェイク等人間性軽視化社会‥等等、近代化が進むにつれ新たに拡大している社会的課題の数々‥‥。