「カジノ」法案により国民の自民党離れがいよいよ本格的に進む!

 

 「カジノ」は、これまで続いて来た世界の日本に対する価値観や評価を失墜させるだろうと思っています。私は、カジノに関してだけは、安保法制や憲法第9条の問題とは異なる、国として大切なものを失ってしまう結果をもたらすと危惧して来ました。政治家に置き換えた場合踏み絵であると…。昨今、既に国民の心を踏みにじられていますので、もはや政治は信頼に値しするものでは無いという結論に至ってはおりますが、それでも、カジノだけは思い留まって欲しいという期待を日本人として抱いて来ました。しかし、結局、私が浅はかでした。

 

 カジノに来る世界の大富豪は、カジノでお金を稼ぐのが目的では無いんです。お金は捨てる程あるのですから。しかし各国のカジノに世界中から集まってくるのには別の主たる目的があるのです。日本となるとその要望は極めて高額かつ多大に生まれる事になるでしょう。そのニーズを叶えるコーディネーターが日本に生まれます。もはやアンダーグラウンドなシステムです。狭い日本ですから、お金に困った若者が集まって来ます。芸能関係の著名人にまで拡大して行くと思います。ホステスやバーカウンターや案内係りなどの名目で‥。ここにカジノ事業のギャンブル以外のレッドゾーンが存在している訳です。

 

 

 日本もついにそのレッドゾーンを超えてしまいます。もはや宗教や教育と関係ある公明党の存在意義無し。そもそも誰が特に推して来たのか…。横浜と大阪です。大阪には維新の会があります。予てよりIR構想を打ち出していました。H氏は純粋に大阪の経済活性化を考えてのことですが、もう一人二人は利権が絡んでいます。そして横浜ですが、ここが極めて問題の大きい地域になっちゃってしまってるんです。神奈川県の政治下は全員その影響を受けているのではないでしょうか?NO2に至ってはドロドロです。そんな流れから来ていると私は思っています。もしそうで無くて、政治が真剣に日本にカジノが必要だと考えておられるとしたら、もはやそのような人に政治家の資格は無いと断言して良いのでは無いでしょうか?これまでの日本という国の歴史感から見て。ですから私は、カジノは政治家の踏み絵と申し上げたのです。

  

 大富豪は「麻薬」を常習しています。大勢で同行して来る付き人はピストルを隠し保持して入港するでしょう。テロ対策でセキュリティ強化と言いながら、極めてセキュリティ上問題の有る事業を展開するのですから訳ワカメです。国内の暴力団が抗争中の時に、新たに大きな資金源が生れる訳ですから(カジノだけで無く私が申し上げる主たる目的事業)、海外からのマフィアを含めて、このアンダーグラウンドな世界でも日本はグローバルなシェア争いの時代に入って行くわけです。その分裂渦中の闘争状態で極めて大きな求心力を持つ一人の人物がハマにいらっしゃるわけです。名前を言えば知らぬ人はいないでしょう。政治は影響を受けていると思わざるを得ません。私は米国のイタリア系マフィアの歴史に詳しい方なのですが、彼らは決して姿は見せず政治を動かします。どんどんアンタッチャブルな世界は広がって行きます。わざわざこの時代になって、カジノを始める等、これまた時代の流れに逆行しています。トランプさんに解雇された国務長官の言葉を発したい心境です。いずれにせよ、カジノは、世界から治安レベルがトップと評価される美しい国日本の誇りを失墜させる事に繋がるでしょう。もしそうなったとき、その責任の重さは最高レベルで罰せられなければなりません。

 

 

 日本は、この様な国民があまり知らない分野も含め、どんどん悪い方向へと進んでいます。政策面で悪いか悪くないかは十人十色ですし民主主義ですからその事にとやかく申し上げるのではありません。まず法的に不正とされる言動は絶対ダメ。そして、倫理や治安秩序や生活環境という面から、人間として駄目だという件についても政治家である以上は絶対ダメだという事を申し上げています。ところが、政策論では無くて、絶対にダメだという事がどんどん進んで行っている現状。これが今の日本です。そして。ギャンブル依存症の問題レベルにとどまらない、闇で活発化する接待売春、富豪客に対する部屋仮切りの麻薬乱交パーティー、そのトラブルから生じる日本にかつて無かった一般人を巻き込む銃撃事件、‥‥そんな世界へお金の無い女学生が巻き込まれたりしてきたのがこれまでの各国のカジノの反省でもあるのです。韓国は禁止になりましたが、済州島だけは外人を認めていました。そのカジノホテルへ、ソウル大学の女学生がアルバイトの感覚で毎週稼ぎに渡航していたという話も聞いたことがあります‥。

 

 国民誰しも、カジノはこういう社会的に暗黒な副産物を生んでしまう可能性がある事を感じていると思います。この感覚は、これまでの政策論への不信感や、また行政府各の虚偽答弁への呆れた不信感とは少し種類が違い、憲法第9条同様、子や孫の将来に日本社会を憂う危機感として国民は感じています。これが駄目押しとなり、国民の自民党離れが進んで行くだろうと考えています。ですから、このカジノを踏み絵にしましょう!これからの選挙に於いて、①憲法第9常の件、②カジノの件、この二つは「YES」or「NO」をはっきり表明して頂く事を選挙の条件として要望しましょう!

 

 みなさん!よく見ていて下さい。「類は友を呼ぶ!」「一事が万事!」政治家に相応しいかどうかの資質が、この二つではっきりとわかりますよ。特に二つ目は、不思議な事になんとなく暗黒街の人達の様に見えてしまうのです‥。まあ、これからの選挙は、よ~く議員さん一人一人を御覧になって、その資質を見極めていきましょう。日本の誇りが危機に瀕しています。

 

世界に誇れる汚れない美しい歴史と伝統を有する国「日本」

 

カジノは非社会的組織による経済(売春・ポルノ・麻薬・銃)を拡大させる!

日本の誇れる風土文化慣習が、安倍政権により壊されて行く!

自民党政権による政治はまるでマフィア。ゴッドファーザーである!

何と悲しく、むなしく、腹立たしい事か?止められない事が悔しくてならない!